Monologue

2020に出来る事

昨日なんですが、ショッピングの広告メールがふと目に留まりまして。

普段そういう類のメールはほぼ目を通す事はないのですが、「わけありグルメ特集」ってタイトルに、僕の右手人差し指が反射的にゴミ箱ボタンを押さずストップしていました。おそらく「高級グルメ特集」とか「映えちゃうスイーツ特集」とかなら、高橋名人並みにマッハで消してたと思います。

なんせ「わけあり」ですよ?何が原因で「わけあり」って名付けられたんだろうって考えちゃうじゃないですか。しかも大体「わけありグルメ」って意図的に「わけあり」アピールが上手い。「ちょっとこんなんですけど、実は美味しいんですよ戦略」が眩しい。若干、包装が簡素化されちゃったり。「あぁ〜これですか?わけありなんで」みたいな玄人な生産者の方の声が聞こえてきそうな気がしてドキドキします。食料品なんて普段買うわけもないのにドキドキしながらそのメールに釘付けになりました。

「わけあり明太子」あぁ〜、破けちゃったりしたヤツでしょうね。アリです。むしろアリアリです。
「わけありお煎餅」「わけありチョコレート」はいはいはい、割れちゃったりしたアレね、ここまでは「わけあり食材」初級ですな。
「わけあり白米」え….なんだろ、イメージ出来ない…いきなり難しくなってきたな
「わけありステーキ肉」お肉にわけありなんてあるんだ….切り間違えちゃったのかな…..
「わけあり海鮮惣菜」もうお手上げ。いやお惣菜なんて味付けなんて少しは変わるだろうし、しかも「海鮮」縛りだなんて。超エキスパート問題
ここでクリックしちゃったら正解がすぐわかっちゃってつまんないんで、あえてクリックもせず妄想だけして楽しみました。ちなみに我が家の娘はスーパーで販売されている「切り落としケーキ」が大好きです。繊細なイメージのケーキを押さえつけるようにダイナミックにパッキングしているあのケーキは僕も好きです。純粋なる「わけありグルメ好きイズム」の遺伝でしょう。

あぁ〜…. 新年一発目のブログで「明けましておめでとうございます!!」って言うタイミングをズルズル逃していたら、「明けまして」なんて言えない月日が経ち、いつの間にか「おめでとうございます!!」なんて言えない状況というか世の中になっています。ただただ僕が悪いのですが、ますます、この放置されていたブログをどう切り出していけば良いのか、わからなくなっていました。まさか2020年の一発目のブログのスタートが「わけありグルメ」だとは….

いや、ここは明るく楽しくいきましょう! 僕のブログは、ボンタンアメに巻かれたオブラートみたいなもんす。「あった方が良いのか、いや無くても別にね…誰からも気づかれない」僕の独り言ブログです。だから気ままに楽しくいきます。

こんな今ですけど。ここだけの話、世界的にこんな状況の中、何一つ変わらず盛り上がっている現在進行中の大イベントがあるんですよ。 なんだと思います?そんなのあるわけない! と思っているアナタ!!! よぉーく日常生活の中で見てみてくださいよ。絶賛開催中ですよ、全国規模の大イベントですよ。 参加人数なんて何百万人はいるんじゃないんですか?ほら?あれですよあれあれ。

春の…..。春のぉ〜? Hey, say you!! せぇーの!
「春のパO祭り!!」
正解!! OK!! Thank you all!!!!

以前ブログで熱くこの「春のパO祭り」の凄さを無関係者の僕が偉そうに語りましたが、やっぱり不動の強さ。伊達にトラックに「世界のパン ヤマOキ」って書いてないですよ。

いやもう「強い」なんて軽々しい感じじゃないですね。まったく動じない。パン売り場にずらりと並べられた強気の在庫姿勢、そして各パッケージに貼られたピンクの点数シールを見ると、ちょっとカッコよく見えてきてゾワゾワします、特に今年は。もし僕が躊躇なくアメリカナイズな立ち振る舞いが出来るナイスガイだったら、親指立てて「Cool!!」ってパン達にハンズアップしてますよ。現実でそんな事してたら頭オカシイと思われるでしょうから絶対しませんけど。参加している皆様は、是非是非いつも以上に楽しんでほしいな〜と思っております。

そうなんです。今回何度も言っていますが、こんな時だからこそ楽しくありたいんです。

特に新年明けてから春までは広報部署は「仕込み」の大切な大切な期間です。あんな事やりたい、こんな事も今年はやってみたい、こんな商品作りたい、新しい企画で仕掛けていきたい….花を咲かせるタイミングを逆算しながら、沢山の種を作って蒔く準備に没頭しないといけない期間であり、そのような機関である広報部署に僕は所属しています。

ちょっとこの一週間ほど、ぷっつりと何も新しいアイディアが湧いてこない日が続いていました。なんにも思い浮かばない、なんにもイメージが降りてこない、手は動かすけどカタチにならない。この感覚は、MOONEYES に勤務してから初めてだったので、ただただ一人、帰宅してからも焦っていました。

普段、人としてアレなんで、コツコツやる事が苦手な反面、「はぁ〜こんな事やりたい〜!」的な願望は会社に居ても帰宅しても切れずに常にありました。それが、この一週間は全くダメでした。おかしいなぁ〜何でだろうなぁと考えて思いあたったのは、気がつかないうちに今の世の中の動き、流れに自分自身が流されてしまっていました。周りで具体的に色々な事が起きて、日々変わる想定外の動きに「どうしよう、さぁどうしよう」と色々考えているウチに、楽しい事を考えながら何かに没頭する事を忘れていたんだと思います。

もちろん、広報として世の中の動きを把握し、正確な情報を作成し、組織として問題無い事を確認しながら発信していくのも重要な仕事です。

ただ、焦らず今だから楽しく出来る事も沢山あります。今の状況が収束し、好転していった時、いち早く皆様に魅力的な情報をお伝え出来るよう、日々楽しい事を忘れずに考えて、これから臨んでいこうと考えております。

そう、12月6日にパシフィコヨコハマで開催する 29th Annual Yokohama Hot Rod Custom Show 2020 のキャンペーンも今日から始まりました。僕にとっての一年の始まりです。て事は、「明けまして、おめでとうございます」じゃないですか!! おぉ〜何とか新年一発目のブログっぽくなりました。

どんな些細な事でも構いませんので、今後も何かお気付きの点、確認したい事などございましたらお気軽にご連絡・お問合せください。

遅れてしまいましたが、2020年もよろしくお願い申し上げます。

さぁ今年は何しましょうか!!

食べきれないくらい詰め込まれた切り落としカステラも好き「わけあり広報」Pan Sumi


"Shi Zu Kani – Keep Calm and Stay CQQL""

今年も皆様のご協力のおかげで、28th Annual YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW 2019 の開催が決定致しました! このカルチャーが大切な方々が一丸となった結果です。本当にありがとうございます! 会場周辺の問題は変化なく今年も今まで同様 "SHIZUKANI" です。

2014年の "Be Calm, Not Loud – Shizukani," から始まったキャンペーン、 2015年は "Save The Yokohama Hot Rod Custom Show"、2016は "Respect Our Kulture - Mamoroh!"、2017は "Grow Together – Sodateyou" 2018年 のスローガンが "Cherish Our Kulture – 大切に – Tai setsu ni" 、そして今年で6回目になるキャンペーンは もう一度原点に戻り "Shi Zu Kani" / "Keep Calm and Stay CQQL" です。

最初のキャンペーンスタートから5年経ち、主催する我々も含め常に YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW が存続危機にあるという意識が低くなって来ています。どういった経緯でこのキャンペーンがスタートしたのかを知らない方々も多くいらっしゃる様です。今年も皆様にご協力を頂き、周知、徹底はもちろんの事、我々を含め皆様の熱い気持ちを一つにし、このカルチャーを守って行きましょう。2019年はもう一度原点に返り "Shi Zu Kani - Keep Calm and Stay CQQL" をキャンペーンとして掲げ、今年も 1年に渡りこのキャンペーンを進めて行きます。皆様のご協力、宜しくお願いします。

HCS2019 今年のOfficial ハッシュタグは
#hcs2019, #shizukani, #keepcalmandstaycool, #savetheyokohamahotrodcustomshow

今年も情報の拡散にご協力ください!