Monologue

2019年最後のそれぞれの願い

「恐竜のぬいぐるみか、山羊が欲しいってサンタさんに言ってください!!」

サンタクロースを信じる長女からのお願いに最大限応えるのが父(いやサンタクロース)としての務めだとは思うけど、何故山羊……。
恐竜のぬいぐるみっていうのもまぁまぁ驚いたけど、リアル山羊さんと比べればかなり霞む。

おそらく、彼女がテレビで見ているアニメの中の山羊は飼いたくなっちゃうぐらい相当可愛いんでしょう。だがしかし、何故この大都会港町ヨコハマで山羊なんだ…..。

11月後半、戦略的に小学校で配布された(ちょっとこれには驚きました)トイザ⚪️ス磯子店のクリスマスプレゼント特集カタログに山羊なんて載ってなかったのに。

いや、ちょっとシミュレーションしてみてください。

キラキラした夜空からサンタクロースが操るトナカイが引っ張って積んでいるのが山羊だとしますよね?

なんか積載車に積載車積んでるみたいな感じでなんかしっくりこないんですよ。

あ、だったらいっその事、トナカイの代わりに山羊自身がサンタクロース引っ張ってくりゃいいのか。

でもなぁ….。山羊だって普段そんな事しないのに、たくさんの家廻って、まぁまぁ疲れて、ぜぇぜぇした状態でいきなり部屋の中に来てもなぁ。喜ぶ前にちょっと心配しちゃいますよ。

しかもサンタクロースだってウチに山羊置いていったら、ここからの足が無くなっちゃう訳でしょ?

そうなったらなんだかんだ父としては、気を使って
「いやぁ本当にわざわざウチまで山羊で来てくれちゃって、ありがとうございます。今タクシー呼んでるんでちょっとコーヒーでも飲んで待っててください」ってなる訳じゃないですか。
無理無理無理、なんも会話弾まないっすよ。

人見知りな僕が、深夜に初対面の世界的有名人と自宅でフリートークだなんて考えただけで緊張する。

いや、ここで一発、僕自身の人格もライフスタイルも変え、腹くくって、リビングで山羊を放し飼いするくらいの父親だったら相当のBig Daddy になれるんだろうな。

とあれこれ一人で無駄な事を考えた結果、12月25日、恐竜のぬいぐるみがクリスマスに娘のもとに届いたわけです。(父はうす目待機、ウソ寝待機)

「キョーちゃーん!!!!」(あ、もう名前付いてる、恐竜だからキョーちゃんなのね。) 朝から全開で喜ぶ娘を見て、父はウソ寝起からの爆発的な喜び表現を舞台役者のような感じで一緒に喜びました。

良かったよぉ彼女の願いが叶って。父があれこれとグルグルと考えていた山羊さんの事なんか、もう絶対彼女の頭から無くなっているでしょう。

さぁ!! 彼女の夢も叶ったので、今度は僕がやりたかった事をしよう。

クリスマス翌日の12月26日木曜日早朝、遂に決行しました。
前回のブログで書いていたどうしても2019年中にやりたかった事です。

きっかけは、ふと頭に浮かんだ思いつきです。
「イベントの時などにスタッフが履く革靴を皆んなで揃えたいなぁ。出来ればMOON Equipped ロゴが入ったオリジナルの革靴で」

こんな僕の無謀な企画に賛同してくれたのが、アウトドアブーツの定番ブランドとして愛されている Danner の皆様。

製作していただける事が正式に決まり、Base はDanner Postman Shoes のガラスレザーとマットレザーの二種類。
ソールは、Danner Work Chukka Top に使用されているvibram®タイガムコルクソールを採用し、業務時の防滑性、耐久性をアップ。サイド部分にピスネームと MOON Equipped の刻印を入れるという、とんでもなく贅沢なスタッフ用シューズがカタチになっていきました。

よぉーしこうなったら Hot Rod Custom Show で全員揃って履くぞ〜!! って意気込んでいたのですが、一年の中で間違いなく最強にハードに動かなければならない日に、いきなり革靴の新品おろすのも色々と慣れていない部分もありますので、この日は断念しました。

そうなんですが、そうなんですがー、いずれ皆んなで履くにしても、折角完成したんです。記念写真を撮りたい!!!(超個人的な願望です) Danner さんも公認の記念写真を撮りたかったんです。それがこちらの一枚です。はいドーン!

記念写真は仕事では無いので、当日業務前に参加出来るスタッフでパシャりと撮影したのですが、ここで「あれ?」と思った方、とても鋭い観察眼です。
そう、全員ノースマイルなんです。MOONEYES 的にはタブーです。無理を承知で、 Shige-san 含め、皆んなにお願いをして、今回、真剣な表情で記念写真を撮ってみました。
朝早くからバカな広報に付き合っていただき、有難うございます。おそらく、もう二度と撮れないでしょう。

普段は、必ず自然と笑顔になるんで一度やってみたかったんです。おぉ〜、いつもと全く違う印象になりましたね。なんか一年の締めくくりにぴったり。

このシューズは、スタッフ用に製作したモノなので販売はしていませんが、もしかしたら….もしかしたら….そうなったら良いですね!!

今年も、色々と無謀な企画を練ってきましたが、今年最後の企画も楽しかったです。

2019年、色々と有難うございました。

そして年間を通して、一つも実になるようなハナシが無かったこのブログを読んで頂けた事、厚くお礼申し上げます。有難うございました。

2020年も本年同様のご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

皆様良いお年をお迎えください。

娘よ、父の願いも叶ったぞ!(いや、ほぼほぼ皆んなのお陰ですけど)

MOONEYES 広報 スミ


"Shi Zu Kani – Keep Calm and Stay CQQL""

今年も皆様のご協力のおかげで、28th Annual YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW 2019 の開催が決定致しました! このカルチャーが大切な方々が一丸となった結果です。本当にありがとうございます! 会場周辺の問題は変化なく今年も今まで同様 "SHIZUKANI" です。

2014年の "Be Calm, Not Loud – Shizukani," から始まったキャンペーン、 2015年は "Save The Yokohama Hot Rod Custom Show"、2016は "Respect Our Kulture - Mamoroh!"、2017は "Grow Together – Sodateyou" 2018年 のスローガンが "Cherish Our Kulture – 大切に – Tai setsu ni" 、そして今年で6回目になるキャンペーンは もう一度原点に戻り "Shi Zu Kani" / "Keep Calm and Stay CQQL" です。

最初のキャンペーンスタートから5年経ち、主催する我々も含め常に YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW が存続危機にあるという意識が低くなって来ています。どういった経緯でこのキャンペーンがスタートしたのかを知らない方々も多くいらっしゃる様です。今年も皆様にご協力を頂き、周知、徹底はもちろんの事、我々を含め皆様の熱い気持ちを一つにし、このカルチャーを守って行きましょう。2019年はもう一度原点に返り "Shi Zu Kani - Keep Calm and Stay CQQL" をキャンペーンとして掲げ、今年も 1年に渡りこのキャンペーンを進めて行きます。皆様のご協力、宜しくお願いします。

HCS2019 今年のOfficial ハッシュタグは
#hcs2019, #shizukani, #keepcalmandstaycool, #savetheyokohamahotrodcustomshow

今年も情報の拡散にご協力ください!