Monologue

“Far Out”

皆様、お久しぶりです。もういつ以来のブログ更新なのかも考えるのはよしましょう。たぶんもう忘れ去られているブログだと思いますので好きなだけ独り言言おうと思います。はい、根が暗いので。

土曜日のShige Suganuma Blog で遂に Vans のお披露目がありましたね。
27th Annual Yokohama Hot Rod Custom Show 2018 (以下HCS)で発売開始となります。

今年の2足のウチ、Authentic は以前から「作ろう、いつ作る?」というハナシになっていまして、そのハナシはまた今度にします。

もう一足の Oldskool 「MOONEYES “Far Out” Oldskool」に関しては、実は昨年作ろうと考えていました。最終的にステッカーカスタムの方向で固まり、Oldskool ではなく、2017年は、Slipon に決まった経緯があります。

2018年、さぁ遂に!今年はOldskool作るぞ〜!! と意識し始めたのが2月くらいですかね。このタイミングで家族で初めてのUSA旅行という機会がありまして。もう10年越しの夢だったんですよ。家内をUSAに連れていくという夢。仕事でUSAに行く機会は有難い事に何度も頂いていますが、旅行で行くのは初めてでした。「必ずいつか連れていくから!」って言い続けて10年経っちゃいましたが、ようやく実現出来ました。10年の間に家族も一人増えたので3人でUSA旅行。もう時間の許す限り現地のショップを片っ端から見て廻って「おぉーこんな事 MOONEYES でやってみてぇ〜!」と盛り上がっていました。

たぶん楽しすぎて、やりたい事MAX で、暴走してしまったんすね。日本に帰ってきてから描きあげた一発目のOldskool のスケッチは今とは全然違いました。もう方向から何から全く違う事やってまして。そういう時、暴走を止めてくれる人たちがいるのが MOONEYES ですよ。いやぁ今思うと本当に危なかったす。本当にその時指摘してくれた方々に感謝です。そこから「どうしましょうか?じゃ、ここはこうしましょう」と社内でやり取りしながら全力超特急で作り直していったのが今回の “Far Out” のベースです。前にもブログで書きましたが、この時間が正直一番好きです。真っさらの白紙の状態から新しい事を作り始めていく事が。もう何も思いつかなくて苦しくて苦しくて寝付けない時もありますが、最終的には去年の自分じゃ全く考えもしなかった事が広がっていくと無我夢中になりますし、プランが完成した時、「楽しかった…..」ってなりますもん。

そこからVans の皆様との打ち合わせを重ね、会社の作業テーブルで紙で作った立体のイメージを見ながら、マテリアルを決めて、色を決めて、サンプルを確認してを繰り返し最終サンプルが完成。

今年のHCSで販売を開始する、もう一足の Authentic は “MOON Equipped” Brand からの発信ですが、Oldskool は “MOONEYES” Brand からの発信となります。

Shoes Name の “Far Out” の名の通り、Special な一足。Hot Rod & Kustom Supply をテーマに、ToeからTongue, Quarter までスキャロップデザインをスウェード素材に落とし込み、サイドの Vans の象徴とも言えるサーフラインは通常1層ですが、今回は、グリッターゴールドとホワイトのレザーを二層に。Quarter には、EYEBALL と Hot Rod & Kustom Supply を刺繍で配置。Lining には、Genuine MQQN のプリントが入っており、ソールサイドには、前方にスキャロップデザインを入れ、後方には、”MOON RACING CAMS” デザインをエンボス加工でいれました。そして裏面のアウトソールは、透明でその奥には、MOONEYES USA に昔あった Tower を写真で配置しています。左右合わさるとMOONEYES USA が浮かび上がります。昨年の Halfcab で好評だったシューレースアクセサリーは新たに Eyeshape のロゴマークで制作しましたので、フロントにもサイドにも取り付けが可能となります。 たくさんの Yellow Color を組み合わせ、まさしく “Far Out” な一足。

春に、スケッチのプランが完成した時、ここまでやりたい事を山盛りに作って、絶対に実現は不可能だと思っていました。時間的にもギリギリだったので、正直もう無理かなとも思っていました。そこからVans の皆様が一つ一つ実現に向けて、検討し、奔走し、カタチに起こし、すべてを満たした最終サンプルが目の前にあるのは感慨深いです。Vans の皆様の Power って本当に凄いと感じた一足となりました。

そう、この “Far Out” Oldskool のBox Design はOil Paint Styleで描き上げた EYEBALL を大きく配置しているのですが、このデザインには続きがあります。

この時期まで来ると、毎年恒例のVans Shoesプロモーションポスター制作の季節になるのですが、今回このシューズの告知ポスター制作で考えていたイメージは Box Design に関係しています。ただ、まったくもってそのイメージを本当に作れるのか自信がありませんでした。なので恥ずかしながら社内の誰にも言えませんでした。

でも夏前から頭の片隅でずっと考えていたんですよ。
Box Design と同じく Oil Paint Style で “Far Out” Oldskool を描きたい!
これが実現出来れば、Box Design とLink するって。

でもさすがに無理だよなぁ〜、ロゴは描けたけど、さすがにクツは無謀すぎるなぁ〜と。現実に描くのに挑戦して二回諦めていました。「やっぱり無理無理」と心が折れて今回が3回目。今日は、お休みだったんですけど出来ないのが悔しすぎて、朝から没頭していました。

よぉーし! 完成!! 諦めなくて良かった〜!(もう二度と描かないけど!!)

さぁ皆さんHCSに向けての、ここから一ヶ月どんどんいきますよ!

2年前のブログで言った言葉を、ようやくもう一度使う時が来ましたね。

ふぅ….(深呼吸)

夢の世界へようこそ

MOONEYES 広報 Pan スミ


"Cherish Our Kulture – 大切に – Tai setsu ni"

2014年の "Be Calm, Not Loud – Shizukani," から始まったキャンペーン、 2015年は "Save The Yokohama Hot Rod Custom Show"、2016は "Respect Our Kulture - Mamoroh!"、"Grow Together – Sodateyou" そして 2018年 のスローガンが "Cherish Our Kulture – 大切に – Tai setsu ni" に決定いたしました!

自分達の Kulture を大切にしようという意味を込めたスローガンです。今年も 1年に渡りこのキャンペーンを進めて行きます。皆様のご協力を宜しくお願いします。
HCS2018 今年のOfficial ハッシュタグは
#hcs2018, #cherishourkulture, #taisetsuni, #savetheyokohamahotrodcustomshow

今年も情報の拡散にご協力ください!

今年も皆様のご協力のおかげで、27th Annual YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW 2018 (以下 HCS2018) の開催が決定致しました! このカルチャーが大切な方々が一丸となった結果です。本当にありがとうございます!
会場周辺の問題は変化なく今年も今まで同様 "SHIZUKANI" です。