Monologue

Go! with MQQN

昨日は、娘の保育園の卒園式に出席する為、お休みを頂いていました。

ここ数年、毎日襟付きシャツで出社しているものの、昨日は新橋サラリーマン時代のアイロンパリッパリのYシャツが準備されていました。

歯磨きしながら羽織ってみたものの、嫌な予感しかしない。今更、無理だなんて言ったら準備不足が露呈される…….。ボタンを閉めていく度に徐々に肩が内側にそして、上に上がっていくんです。大リーグ養成ギブスのような状態に「大変な事に…..今日1日の我慢だ….」と思いながら歯磨きを終えて口を濯ごうと前かがみになった途端、ギュィー!!!!って電車が脱線したかのような音が聞こえたんですよ。

何の音!! って起き上がって鏡を見たら、Yシャツが裂けてお腹が丸出しに。そうギュィーって音はYシャツの繊維が裂けた時の音だったんですよ。ボタンが飛ぶって事は、この10年、何度も経験済みのベテランの域で動じませんが、ボタンが飛ぶ前に繊維が引き裂けたのは初めてです。超人ハルクみたいだ!と笑いながら若干自慢気に家族に見せましたが、既に着替え済みの家内と娘を前に、父は上半身どうするんだよって事に。

落ち着いて考えた結果、やっぱりこれだよ、これこれって着馴れた MQQNEYES のオックスフォードシャツにネクタイを締めて無事出発出来ました。Go with MQQN ですよやっぱり。そんな和やかな雰囲気で1日が終わると思っていたんですけどね。

娘が通っていた保育園は自宅近くの神社さんの保育園でとてもアットホームな雰囲気が僕も好きでした。口が裂けても「僕は、育児に積極的でした」とは言えない人間ですので、ふと日常で目の前の娘が、出来る事が一つ、また一つと増えている事に気付くと、家内にお礼を言う事にしていました。そういう時、必ず家内から返ってくるのは、「私だけじゃない、保育園の先生達が凄いの」という言葉でした。それが最後の日に改めてわかりました。沢山の子供達と毎日真剣に向き合って、大人になって当たり前にしている事をゼロから教えていくんですからね。最後の担任の先生のスピーチ。過去から振り返り、将来の事まで、不純なモノが一切ない真っ直ぐな気持ちが本当に伝わってくる話でした。気がつくと、向かいに座っていた同じクラスのお父さんがハンカチで涙を拭っていました。小さな彼女が毎日ここに楽しく通えて本当に良かったなーと、僕もいつの間にか涙を拭っていました。

二ヶ月ぶりのブログ更新なのに、Yシャツのくだりから、だいぶ脱線しました。二ヶ月放置はだいぶマズイですね。言い訳無用ですよ。申し訳ございません。あっという間に3月も終わりに近づいていますが、大丈夫です。今は下準備に集中する時期です。漬物で言ったらあれですよ。樽に入った大量の野菜に職人さんが無言で、感覚を頼りに目を瞑り塩を振っているようなイメージです。あくまで僕の勝手なイメージです。

先週オープンになった HCS2018 の1st Poster は一足お先にオープンになりましたね。今年は、Sticker Design もPoster も一気に描きあげました。あれがあぁなって、これがこうなって、出来るかな?いけるだろう、どれくらいの時間で?間に合うはず! と頭の中で、もやもやイメージしているモノが、パキーンとカタチになった瞬間、そこから情報として動き始めた瞬間は何物にも代えがたいです。来週には、Sticker も届くはずです。今年も皆様のご協力よろしくお願い致します。

正直、Yokohama Hot Rod Custom Show の終わった後、一ヶ月くらいは例年、脱力感で腑抜けですが、今年はその期間が少し長かったかもしれません。やっぱり、日常でも、ちょっとした事でも「おぉ〜これスゲ〜!」と感動しないとダメだなと。「こんな事やってみたい」に繋がらないですからね。

本牧の桜も咲いてきました。という事はあれですよ。今年のお題も社長より頂戴してますし動きますよ。来週も山盛りです。まずは、Street Car Nationals まで一気に走ります。

来週のイメージは、洋食屋のコックさんが、オーバージェスチャーでフライパンを持った手を叩きながら寸分狂わず同じオムレツを量産するイメージです。どんどん仕掛けていきます。

そう! 昨日の話に戻りますが、保育園の卒園児が一人ずつ一番の思い出を話す場面があったんです。運動会だったり、お祭りだったり、先生との思い出だったり。ウチの娘はなんて言うんだろう..って、ドキドキするじゃないですか。順番が回ってきて満面の笑顔で言った言葉が「給食美味しかったぁ〜!」でした。ドッと場が盛り上がるものの父としては、「やっぱり親に似たんだな…..」と。

ふと前を向いたら先生達と一緒にいる給食を作ってくれていたスタッフの方が嬉しそうに笑っていました。

おぉ〜!!

くしゃくしゃになる程、頭を撫でました。

父もこうならないと! と笑いました。


"Cherish Our Kulture – 大切に – Tai setsu ni"

2014年の "Be Calm, Not Loud – Shizukani," から始まったキャンペーン、 2015年は "Save The Yokohama Hot Rod Custom Show"、2016は "Respect Our Kulture - Mamoroh!"、"Grow Together – Sodateyou" そして 2018年 のスローガンが "Cherish Our Kulture – 大切に – Tai setsu ni" に決定いたしました!

自分達の Kulture を大切にしようという意味を込めたスローガンです。今年も 1年に渡りこのキャンペーンを進めて行きます。皆様のご協力を宜しくお願いします。
HCS2018 今年のOfficial ハッシュタグは
#hcs2018, #cherishourkulture, #taisetsuni, #savetheyokohamahotrodcustomshow

今年も情報の拡散にご協力ください!

今年も皆様のご協力のおかげで、27th Annual YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW 2018 (以下 HCS2018) の開催が決定致しました! このカルチャーが大切な方々が一丸となった結果です。本当にありがとうございます!
会場周辺の問題は変化なく今年も今まで同様 "SHIZUKANI" です。