Monologue

Past……Now…….Future

先日、Triumph Japan 様が主催する新車発表会に行ってまいりました。MOONEYES Area-1 で展示している Old Triumph Chopper やKid Rocker 始め、Sumiya-san, 我が部署最年少、”流し目のオッサー小山内”のTriumph Chopper を見ると「いや〜カッコ良いな〜」と思っていますが、新型車も負けず劣らずカッコ良いんですね〜。完全なる一目惚れです。僕が行ったのは、Triumph BobberとScrambler のお披露目でしたが、驚きの連続でした。

最初はちょっと「通っぽく」振る舞おうかななんて思っていたんですよ。
「な〜るほど、こうきましたか」とか「はいはいはい、ここがね、うんうん、どっちかと言われれば、アリですよこれは」的なシミュレーションは、しっかり道中の京浜東北線の車中でやってみたんですが、どう頑張っても自分自身を嫌いになっちゃいそうなんで、ピュアな気持ちでパーティー会場に入りました。そしたらもうマッハで「おぉ〜カッケ〜!」ってなるわけです。

伝統があり、今でも魅力を感じ、人気があるものを、しっかり引き継いで新しいモノを作り上げるってそう簡単には出来ないと思います。お呼び頂いた、Triumph Japan 様始め、会場でお会いした皆様有り難うございました。

そう、会場が東京タワースタジオという東京タワーの真下にある場所でしたので、道中、浜松町駅から大門の方向に見える東京タワーを久しぶりに見ました。

MOONEYESに勤務するまで職を転々としていましたが、直近の勤めていた会社が浜松町にありましたから感慨深く目的地である東京タワーに向かって歩きました。浜松町で勤めていたのは2年くらい、仕事もプライベートも色んな事が重なったとても苦しかった時期でしたので、またここでも色々な事を考えていました。向こうから当時の自分が歩いてきたりしないかなとか。ちょっと話してみたいな十年以上昔の自分とって。何考えてるの今?キツイっしょ?とか。人見知りの自分と人見知りの自分の会話。つまんないんだろうな~。SFチックなストーリーなのに中身は地味かつ暗めって。

でも東京タワーっていつみても感動します。夢があります。意味のない妄想をしたのは東京タワーの仕業だと思う事にします。

気がついたら2017年も一ヶ月が終わりそうです。「充電期間」とか「冬眠」なんてあるわけもなくお陰様で、めまぐるしく動かさせていただいております。一番嬉しく感じる「2016年、思いもつかなかった事シリーズ」も色々始まったり、形になったりしてきています。去年やった事を同じテンションで同じ精度で今年もう一度やるっていう行動は簡単そうで難しいので僕は一番苦手であります。ですが、もうまっさらな白紙の状態から何かやりだしていくのは、達成出来る可能性が100%ではないので楽しいというかドキドキします。出来んのかな?出来るかも~。あ、やっぱり出来ない、あ~出来なかったって事ばっかりですけど、まぁいいんです。いやいいんですなんて言ったら会社からぶっ飛ばされますね。ダメなんですけど、とりあえずやろうとはしたんですから次に繋がるんです。次やった時、意外と出来ちゃったりします。

昨年末、色々な部署のたくさんのスタッフが携わって、ギリギリのギリでHot Rod Custom Showの会場で発売を開始する事が出来た MOON Equipped Prisoner T-Shirt も初回販売分は即日完売となりまして、追加販売分が先日入荷となりました。

これも何年も前から、50年前の一枚の写真を眺めて「これ復活してみたいな〜」と思いつつ、現実に戻り「やっぱり無理か…..」って達成出来なかった事でした。思っては諦め、動いては止まりでしたが、沢山の方のご協力によって50年ぶりに目の前に現れた時は本当に嬉しかったです。夢が叶った…..って放心状態になる暇もなく会場で完売してしまったので、慌てて今回の追加販売分を僕も購入した次第です。

でもこの商品はこれで終わりじゃないんですよ。これからある事をするつもりです。それが完了した時、僕がやりたかった事が完結します。まだ言えませんがうまく達成出来たら、近々皆さんも目にする機会があると思います。

なんせ、ほら、今から50年後の2067年。
MOONEYES の妄想好きなおかしなスタッフ達が同じ事するかもしれませんから。その時の為にもやってみたい事があるんです。

50年後も東京タワーが光り輝やいている事を願います。

prisoner-tshirt2017


"Shi Zu Kani – Keep Calm and Stay CQQL""

今年も皆様のご協力のおかげで、28th Annual YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW 2019 の開催が決定致しました! このカルチャーが大切な方々が一丸となった結果です。本当にありがとうございます! 会場周辺の問題は変化なく今年も今まで同様 "SHIZUKANI" です。

2014年の "Be Calm, Not Loud – Shizukani," から始まったキャンペーン、 2015年は "Save The Yokohama Hot Rod Custom Show"、2016は "Respect Our Kulture - Mamoroh!"、2017は "Grow Together – Sodateyou" 2018年 のスローガンが "Cherish Our Kulture – 大切に – Tai setsu ni" 、そして今年で6回目になるキャンペーンは もう一度原点に戻り "Shi Zu Kani" / "Keep Calm and Stay CQQL" です。

最初のキャンペーンスタートから5年経ち、主催する我々も含め常に YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW が存続危機にあるという意識が低くなって来ています。どういった経緯でこのキャンペーンがスタートしたのかを知らない方々も多くいらっしゃる様です。今年も皆様にご協力を頂き、周知、徹底はもちろんの事、我々を含め皆様の熱い気持ちを一つにし、このカルチャーを守って行きましょう。2019年はもう一度原点に返り "Shi Zu Kani - Keep Calm and Stay CQQL" をキャンペーンとして掲げ、今年も 1年に渡りこのキャンペーンを進めて行きます。皆様のご協力、宜しくお願いします。

HCS2019 今年のOfficial ハッシュタグは
#hcs2019, #shizukani, #keepcalmandstaycool, #savetheyokohamahotrodcustomshow

今年も情報の拡散にご協力ください!