Event

皆様、有難うございました

2016年12月7日(水)午後四時 パシフィコ横浜

つい3日前に 25th Yokohama Hot Rod Custom Show 2016(以下HCS2016)で熱気に満ち溢れていたパシフィコ横浜に到着しました。

この数日間、ほぼ動きも思考も立ち止まる事なく時間をすごしていたので、待ち合わせの時間が来るまでふと考える時間が出来ました。周りに仲間も知り合いも居ない一人の空間になるのも久しぶりです。

年間を通して「12月4日です、12月4日には、12月4日までに…….」と常に頭の中でグルグル考えていた先の事(予定)が、いつのまにか考える間もなく過去になっています。
「今が、HCS というタイミングから一番遠い時間にいるのか」と何故か思いました。不思議な感覚です。とても不思議な感覚なんです。終わった!って感覚じゃないんですよ。

目の前では、どうやら今日は何かの学会のイベントが開催されているらしくスーツ姿の人たちが忙しそうに出たり入ったり。当たり前ですが、もうHCS2016の余韻は会場には何も残っていません。

会場施設のご担当者様が出て来られました。さぁ総決算です。

HCS2016について、いつ何が起きたかのご報告が一通り終わり、自信を持って力を込めて次の一言に繋げました。

「それでは来年のスケジュールについて…….」

結果が全てです。どのようなイベントであったのか全て完了するまでは、次の開催については何も言わないようにしていました。数年前に起きた開催危機の時からますますそういう傾向になった印象もあります。

ダメダメ広報なもので、とてつもなくご挨拶が遅くなりまして大変申し訳ございません。
25th Yokohama Hot Rod Custom Show 2016にご来場頂いた皆様、エントリー頂いた皆様、「MAMOROH」キャンペーンにご賛同頂いた皆様、このイベントに関わる全ての皆様
今年も有難うございました。ただただ頭を下げてお礼を申し上げる事しか出来ません。

色々反省点も多いですし、ご迷惑をおかけした事も多々あったと思いますが、一人でも多くの人がパシフィコ横浜からの帰り道に「楽しかった〜」って思って頂けるイベントであったら幸いです。

先週、オフィシャルのレポートページをご確認された方も多いと思います。会場内は盛り上がり、会場外はBlue Panic様Teamの警備を始め、沢山の有志の皆様のご協力の元、静かな1日となりました。

全ての皆様の「MAMOROH」という気持ちがなければ、この1日の間で起こった事は実現出来ませんでした。

「それでは来年のスケジュールについて…….」
皆様が残してくれた結果があったからこそ、力強く言えたと思います。

「ところで……」

最後に会場施設のご担当者様の方から頂いたお話がありました。

二輪車来場の禁止、マナー改善という部分はパシフィコ横浜周辺の近隣住民の方々からの苦情から始まったのは皆様もご存知だと思います。
2014年、開催を危ぶまれる状態から、エントリーしてくださる皆様、一般ご来場くださる皆様、警備及び近隣の清掃活動を担当されているBlue Panic様、メディアの皆様、このイベントを思う全ての皆様のご協力のおかげで開催を続ける事が出来ていますが、今年は近隣住民の方から騒音対策、渋滞対策、近隣の清掃活動についてお褒めの言葉を頂く機会があったとのお話でした。

ここ数年行っているキャンペーンへの思いが薄くなっていかないようにと常々思っていますが、逆に、積み重なっていたんだなと感じた瞬間でもありました。

2017年に向けて本格的に動き始めました。デスクの斜め前では Hiro Sugar が黙々とHCS2016 DVDの編集作業に没頭しています。楽しみですね。

それにしてもブログの放置っぷりが半端ない事になっていました。申し訳ございません。
はい、結果が全てです。最近、娘から「いただきますした?」「いってきますした?」「ありがとうした?」とお説教をされる事がありますが、2016年本当に何かに追われながら無我夢中で過ごしていった感じでした。ダメっすね。ブログの書き込みは、さすがに皆様に助けてもらうわけにはいきませんので徐々に通常営業に戻れるように努めていきます。

改めまして、皆様有難うございました。

flywheels1612final2


"Shi Zu Kani – Keep Calm and Stay CQQL""

今年も皆様のご協力のおかげで、28th Annual YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW 2019 の開催が決定致しました! このカルチャーが大切な方々が一丸となった結果です。本当にありがとうございます! 会場周辺の問題は変化なく今年も今まで同様 "SHIZUKANI" です。

2014年の "Be Calm, Not Loud – Shizukani," から始まったキャンペーン、 2015年は "Save The Yokohama Hot Rod Custom Show"、2016は "Respect Our Kulture - Mamoroh!"、2017は "Grow Together – Sodateyou" 2018年 のスローガンが "Cherish Our Kulture – 大切に – Tai setsu ni" 、そして今年で6回目になるキャンペーンは もう一度原点に戻り "Shi Zu Kani" / "Keep Calm and Stay CQQL" です。

最初のキャンペーンスタートから5年経ち、主催する我々も含め常に YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW が存続危機にあるという意識が低くなって来ています。どういった経緯でこのキャンペーンがスタートしたのかを知らない方々も多くいらっしゃる様です。今年も皆様にご協力を頂き、周知、徹底はもちろんの事、我々を含め皆様の熱い気持ちを一つにし、このカルチャーを守って行きましょう。2019年はもう一度原点に返り "Shi Zu Kani - Keep Calm and Stay CQQL" をキャンペーンとして掲げ、今年も 1年に渡りこのキャンペーンを進めて行きます。皆様のご協力、宜しくお願いします。

HCS2019 今年のOfficial ハッシュタグは
#hcs2019, #shizukani, #keepcalmandstaycool, #savetheyokohamahotrodcustomshow

今年も情報の拡散にご協力ください!