Monologue

Autumn 2016 to Spring 2017

つい二週間前の事です。

私事ではありますが、1年8ヶ月振りに僕のファルコンが路上に復帰しました。

なんせひさしぶりのドライブですので嬉しさ爆発でもあり、ちょっぴり不安に感じる部分もありましたが、そんなの関係ねぇ的な感じでクルーズに誘ってくれた二台のOld American Carと三人の男達には感謝です。夜の第三京浜から首都高速横羽線を通り、湾岸線で前を走るShoe Box とInternationalについていこうとアクセルを踏み込んだ時にもう訳わかんない言葉が出てきたんですよ。「う〜」でも「あ〜」でもない「ゔぁ〜」かな、もうお腹から出てきたような声が。湾岸線の3車線を使って3台が駆け抜けていったあの瞬間にもう完全に脳味噌が痺れました。

さぁ9月に入り、会社に朝着いてからの動き方をスイッチしていく時期になりました。ここからの4ヶ月は1日の遅れが命取りになる事もあるので、前年同時期に自分が何をしているのか探る事から1日が始まるわけです。昨年問題が無い結果を得られた動きであれば、その動きをベースに今年はどうプラスして動いていくのかが鍵になっていきます。

正直、「あんな事こんな事やりたい!」「今日からやってみましょう!」的な新しい事を考えて口に出したり、仕掛けるのは好きなんですが、昨年までやっていた事を問題なくこなす事は、何かと後回しにしがちで忘れがちです。書き出しては、頭に入れて、思い出しては、確認しての繰り返しが重要になります。そんな事を言いながら僕は、8月大きなミスを犯してしまっているので9月はいつも以上しっかりしないといけません。デスク後ろにあるMOON Space Agencyの9月スケジュールはほぼ埋まりました。9月末には大きなニュースを告知する予定ですので楽しみにしていてください。

そう、来週よりRat Fink Catalog Autumn 2016 to Spring 2017の配布もスタートとなります。
今回はもうちょっとこう、足とか組んじゃったりして渋く「MAZOOOOOOMA!」って言えると思ってましたが、そうもいかず。

今回の表紙はこちら。

最終日の朝、寝起きで「今、思いついちゃったは良いけど、本気で今からやんのかこれ……」シリーズです。

まぁ作っている人が楽しくなきゃ、観てくださってくれる方も楽しくないですから。

自由に作らさせていただき有難うございます。

お楽しみに!!
rff-catalog-2016-2017-p58


"Shi Zu Kani – Keep Calm and Stay CQQL""

今年も皆様のご協力のおかげで、28th Annual YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW 2019 の開催が決定致しました! このカルチャーが大切な方々が一丸となった結果です。本当にありがとうございます! 会場周辺の問題は変化なく今年も今まで同様 "SHIZUKANI" です。

2014年の "Be Calm, Not Loud – Shizukani," から始まったキャンペーン、 2015年は "Save The Yokohama Hot Rod Custom Show"、2016は "Respect Our Kulture - Mamoroh!"、2017は "Grow Together – Sodateyou" 2018年 のスローガンが "Cherish Our Kulture – 大切に – Tai setsu ni" 、そして今年で6回目になるキャンペーンは もう一度原点に戻り "Shi Zu Kani" / "Keep Calm and Stay CQQL" です。

最初のキャンペーンスタートから5年経ち、主催する我々も含め常に YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW が存続危機にあるという意識が低くなって来ています。どういった経緯でこのキャンペーンがスタートしたのかを知らない方々も多くいらっしゃる様です。今年も皆様にご協力を頂き、周知、徹底はもちろんの事、我々を含め皆様の熱い気持ちを一つにし、このカルチャーを守って行きましょう。2019年はもう一度原点に返り "Shi Zu Kani - Keep Calm and Stay CQQL" をキャンペーンとして掲げ、今年も 1年に渡りこのキャンペーンを進めて行きます。皆様のご協力、宜しくお願いします。

HCS2019 今年のOfficial ハッシュタグは
#hcs2019, #shizukani, #keepcalmandstaycool, #savetheyokohamahotrodcustomshow

今年も情報の拡散にご協力ください!