Monologue

残り数日の奇襲作戦

社内が明らかにいつもの動きではなくなってきました。
ん~…..なんていうんですかね。ピリピリしてるとは又違うんです。
キレッキレなんですよ皆の動きが。それぞれのソロ活動はもちろん自然発生的な団体戦でも。
僕はいつも助けてもらう側なもんですから、「た、頼もしいわぁ~……..」って感謝感激しきりな日々をすごしています。

もう残り数日です。クリスマスソングがオフィスで流れ始めました。
僕にとってクリスマスソングは長州力の入場曲「パワーホール」と同じようなものなので自然と右腕に力が入ってきます。もうブンブンすよ。

ここまで追いつめられてきているのに、逆にフツフツと心の底の小さな隙間から声が聞こえてくるんですよ。
「何か仕掛けようよ」って。そんな余裕なんか全くないくせに。完全に自分の首を絞めているようなものです。

だがしかし! それなのに! 頼んでないのに! そういう時に限って魅力的なアイディア(野望)が青い空から降りてきます。
「忘れよう忘れよう。それどころじゃないだろう」とブツブツ自分の中で言い聞かせても、いつの間にか
「もうやっちゃうしかないって。間に合うって。やりたいんでしょ?」ってグルグルグルグル考え始めてしまうのです。

もうそうなったらお終いなワケです。

去年はWildman 石井の7変化顔出しパネルでしたね。

イベント前の忙しいWildman石井をとっ捕まえて「もっと舌だして!違う!そんなんじゃKISSになんかなれません!」とハタからみたらおかしな撮影をしてもらいながら
一気に爆発的に作ったんですよ。搬入日前日の夜、シゲさん始め他のスタッフは成田空港へゲストのお迎えに行っている時、僕は「やっほ~い!」と カッターで顔出しパネルを切っていました。当然予定なんかしていませんでしたし、シゲさんの承諾も取らずに動き始めていました。(当然最終的には承諾を頂きましたが7割5分呆れ顔でした)

なんか「ふっ」と力が抜ける瞬間もあの場所に用意してみたい!!って思っていたのでしょう。僕なりに。

楽しかった2014年の想ひ出です。

だがしかし! それなのに! 頼んでないのに! さっきから心の中でグルグルある言葉が廻っているんですよ。

「もうやっちゃうしかない」って。

wildman-x-sumi


"Shi Zu Kani – Keep Calm and Stay CQQL""

今年も皆様のご協力のおかげで、28th Annual YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW 2019 の開催が決定致しました! このカルチャーが大切な方々が一丸となった結果です。本当にありがとうございます! 会場周辺の問題は変化なく今年も今まで同様 "SHIZUKANI" です。

2014年の "Be Calm, Not Loud – Shizukani," から始まったキャンペーン、 2015年は "Save The Yokohama Hot Rod Custom Show"、2016は "Respect Our Kulture - Mamoroh!"、2017は "Grow Together – Sodateyou" 2018年 のスローガンが "Cherish Our Kulture – 大切に – Tai setsu ni" 、そして今年で6回目になるキャンペーンは もう一度原点に戻り "Shi Zu Kani" / "Keep Calm and Stay CQQL" です。

最初のキャンペーンスタートから5年経ち、主催する我々も含め常に YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW が存続危機にあるという意識が低くなって来ています。どういった経緯でこのキャンペーンがスタートしたのかを知らない方々も多くいらっしゃる様です。今年も皆様にご協力を頂き、周知、徹底はもちろんの事、我々を含め皆様の熱い気持ちを一つにし、このカルチャーを守って行きましょう。2019年はもう一度原点に返り "Shi Zu Kani - Keep Calm and Stay CQQL" をキャンペーンとして掲げ、今年も 1年に渡りこのキャンペーンを進めて行きます。皆様のご協力、宜しくお願いします。

HCS2019 今年のOfficial ハッシュタグは
#hcs2019, #shizukani, #keepcalmandstaycool, #savetheyokohamahotrodcustomshow

今年も情報の拡散にご協力ください!